特定非営利活動法人                        
エムエムサポートセンター
☆----- 子供たちの「生きる力」を育てたい ------------------------☆
Topに戻れます Information 設置趣意 沿革(代表のプロフィール) 発達を支援する親の会 リンクコーナー ただ今、お問合せです
経  過
 

海から8Km、標高36m、敷地面積900坪のどかな土地で、0歳から大人まで、遊びも、仕事も、勉強も‥‥‥がんばっていた。

 

2011年

 3,11 津波は4〜5Kmも陸に入ったが、MMには、ほぼ被害なし。本が数冊落下しただけだった。

  3,12〜 原発事故による避難開始。


      子供らのほとんどが避難した。村から、町から、市から子供らがいなくなった。

      今も実質避難児(もとの家に住んでいない子)は90%にも及んでいる

     (福島県での避難者は公式発表約10万人。しかし実質避難者は約17万人と言われている。)

 

 2011,4月〜 代表の避難先での支援開始

     (南相馬教室は当分休止とする。再開の目途は全く立たない不安の日々。)

      ボランティアによる相談、訪問。安否状況確認。

  2011,5月〜

      安否状況確認。 電話相談開始。 東京電力との相談開始。 各関係機関との相談開始。

  2011,6月〜

      送迎指導開始。 福島県内・県外訪問指導・相談開始。 宿泊指導開始。

  2011,12月〜

      南相馬教室の再開を検討するが、避難者が多すぎて断念。

  2012,1月〜

      南相馬教室での再開か、廃業か、移転か等の検討開始。各関係機関との話し合い。相談開始。

  2012,5月〜

      従たる事務所を宮城県に置くことの検討開始。

  2012,6月〜

      宮城県内での土地・建物の物件リストアップ・調査・検討。

  2012、9月〜

      MMの臨時総会にて役員改選・今後の方針についての話し合い、宮城教室設置決定。

      物件購入決定。

  2012,11,22

      従たる事務所登記。「宮城県名取市愛島笠島字上平4番地」に置く。宮城教室とする。

  2012,11月〜

      改修、改装のためのレイアウト打合せ開始。



Copyright(C) mmsupport 2008. All rights reserved